千代田線

    鉄道ファンが集う場所です。鉄道にちょっと興味があるだけでも参加OKです。
    はてな鉄道ファン同盟から派生して出来ていますが、同盟に入っていなくても参加できます。
    年数回オフ会を開催しています、 詳しくはこちらからどうぞ。

千代田線

概要

東京メトロの路線。正式名称は「9号線千代田線」。

代々木上原綾瀬間21.9kmと、綾瀬-北綾瀬間2.1kmの北綾瀬支線で成り立っている。代々木上原から小田急多摩線唐木田小田原線本厚木綾瀬からJR常磐線取手(朝夕のみ。昼間は我孫子)まで相互直通運転を行っている。綾瀬-北綾瀬間はワンマン運転を行っている。

ラインカラーは緑色、駅ナンバリングはC。A線は代々木上原方面、B線は綾瀬方面を指す。

種別

各駅停車の他に準急多摩急行存在するが、これは乗り入れ先の小田急線内での種別を表しており、これらも千代田線内では各駅に停車する。

また行楽時の「あじさい号」、東京湾大華火祭年末年始に臨時の急行(一部小田急線快速急行の場合あり)を運転するときがある。

2008年度には湯島から小田急線直通の特急ロマンスカーホームウェイ)を運行する計画があり、千代田線内でも有料座席指定制の特急運転を行なう見込み。

車両

本線は一般的な4扉20m車10両編成、北綾瀬支線専用の区間列車は同3両編成。

今後、有楽町線を御役御免になる東京メトロ07系?が2編成転属して来る予定(4編成は東西線へ転属)。

リストと接続路線

区間列車

北綾瀬支線の区間列車ワンマン化されており、綾瀬駅0番線および北綾瀬駅にはホームドアが設置されている。この区間の営業運転には、ATOワンマン向けモニタを装備した専用編成(6000系試作編成および5000系2編成)が計3編成使用されている。

ワンマン化後は通常ATOによって運転されているが、たまに見習い運転士の実務訓練にも使用されている。

ICカード設備設置状況

2007年春から運用開始されるPASMO対応のため、全駅にICカード(Felica)リーダー付き自動改札機の設置が完了*1しており、PASMO運用開始待ちの状態にある。

うち、西日暮里JR線乗換改札および綾瀬北千住においては、JR線との兼ね合いでSuicaが使用可能となっているが、JR区間のみの取扱となっており、現時点ではまだ北千住以北~町屋以南をまたぐ使用はできない*2北千住綾瀬においては、自動券売機や有人通路の精算設備もSuica対応となっているが、改札機または有人通路でのSF残高からのJR運賃精算およびJR券売機でのJRきっぷ購入のみに対応しており、Suicaのチャージはできない。

一方、自動精算機の対応はまだこれからの模様。

* リスト::鉄道路線

*1:一部の改札機を除くが、各駅1台以上のカードリーダー設置工事が済んでいる。

*2西日暮里においても地下鉄区間の運賃決裁にはSuicaを使用できず、東京メトロ乗車券類またはパスネットとの併用が必要となる

* はてなダイアリーキーワード:千代田線