東急車輛

    鉄道ファンが集う場所です。鉄道にちょっと興味があるだけでも参加OKです。
    はてな鉄道ファン同盟から派生して出来ていますが、同盟に入っていなくても参加できます。
    年数回オフ会を開催しています、 詳しくはこちらからどうぞ。

東急車輛

東急車輛製造株式会社。東急電鉄系列の鉄道車両メーカー。

所在地

  • 本社/横浜製作所…横浜市金沢区
    • 京浜急行の京急本線金沢文庫~金沢八景間に本社工場を持ち、出入場の際に用いられる専用線?はそのまま京急金沢八景駅の4番線へと続いている。
    • 元は旧・大日本帝國海軍工廠の跡地に所在しており、専用線および京急逗子線を経由して横須賀線に接続している三線軌条はそれに由来するものである。(後述)
  • 和歌山製作所…和歌山県紀の川市
    • 旧・帝國車両工業の流れを汲む事業所で、2003年に大阪製作所(大阪府堺市)の鉄道車両以外を引き継ぎ、移転。かつて京成や南海と付き合いが深かった。現在では鉄道車両の製造は行っておらず、特装自動車や鉄道関連部品の製作にあたっている。
  • 群馬製作所…群馬県邑楽郡邑楽町
    • 軌道分岐機や信号設備などを生産している。
  • 羽生製作所…埼玉県羽生市
    • 多段式立体駐車場の設備を生産している。

特色

日車東京支店や富士重工伊勢崎製作所が閉鎖した今となっては、鉄道車両メーカーで唯一関東地方に残る存在。

戦後復興車の修理新造から始まり国鉄~JRの在来線・新幹線の電車・気動車・客車の新造改造を幅広く手がけている。

昭和の高度経済成長期よりアメリカのメーカーとの業務提携によりステンレス者の製造技術を確立し東急5000系/6000系/7000系/8000系といった名車を産み、全国のステンレス車両の先駆けとなった。

JR東日本が209系電車の礎となった試作車901系製作の際には横浜製作所でも1編成+αを製造し、また新津車両製作所開設までの布石となる大船工場(当時)での車両製造にも協力した。

専用線

本社工場から専用線が接続している京急線は、全線が標準軌(1435mm軌間)であるが、本社工場ではJR線や全国各地の私鉄向けに狭軌車両も数多く手がけており、京急逗子線を経由して神武寺駅付近で分岐してJR横須賀線に接続し全国各地の顧客へ出荷(甲種車両輸送)が行なわれている。

そのため、同社専用線および京急逗子線の上り線は標準軌と狭軌(国鉄標準の1067mm軌間)の三線軌条で敷設されており、京急および乗り入れ先の都営浅草線・京成線・北総線以外の顧客に対する出荷はここを通じて行なわれる。逗子駅から先はJR在来線内を走行するため、出荷する車両は納入先が標準軌の鉄道会社であっても一旦仮の狭軌台車を履かせて出荷され、途中または納入先で履き換えられる*1
また、京急線の乗入先鉄道事業者が東急車輛製以外の新製車両を納入される際は、1067mm軌間の仮台車を履いてJR横須賀線京急逗子線経由で一旦東急車輛に入場し、ここで台車の履き替えを行なって、納入先へ回送される。

逗子線の三線軌条は、元は現在本社工場が所在している場所にあった旧日本軍の海軍工廠の出入線として当時複線化されていたうちの上り線が戦時接収されたもので、国鉄横須賀線を通じた軍事貨物輸送のために1067mm軌間に改軌されていたもの。これにより戦時中逗子線は単線となっていた。戦後接収が解除され当時の大東急に返還された際に、海軍工廠跡地を東急が払い下げて車両工場とすることとなり、上り線を再度営業線復帰のため標準軌に拡幅改軌しなおす際にも小田原線*2や帝都線*3車両の修繕新造を考慮して三線軌条として有効活用された。現在でもこの逗子線上り三線軌は機能維持して活用されている。

逗子方面への出入はJRの電気機関車が京急線内を自走できないので、主としてDE10形ディーゼル機関車や東急車輛の事業用電車等が牽引に当たる。

最近の主な生産車両

  • 東急
    • 新5000系 新6000系 新7000系
  • 京急
    • 新1000形
  • JR
  • JR東海
    • 新幹線
  • 相鉄
    • 10000系*4
  • 京都交通局
    • 10-300形*5
  • 小田急
    • 新4000形

など。

*1:例:山形新幹線400系などは横須賀線根岸線高島線武蔵野南線武蔵野線東北貨物線経由で田端操まで回送され、田端操~新幹線車両センター間で履きかえられる

*2:現・小田急小田原線

*3:現・京王井の頭線

*4JR東日本新津車両製作所と共同

*5JR東日本新津車両製作所と共同

* はてなダイアリーキーワード:東急車輛