東武8000系

    鉄道ファンが集う場所です。鉄道にちょっと興味があるだけでも参加OKです。
    はてな鉄道ファン同盟から派生して出来ていますが、同盟に入っていなくても参加できます。
    年数回オフ会を開催しています、 詳しくはこちらからどうぞ。

東武8000系

東武8000系

概要

東武8000系は東武鉄道の通勤型電車である。東武線全線で活躍している。

1963年に登場、その後1983年まで20年に渡って712両が製造された。

私鉄の1形式としては最多を誇り「私鉄の103系」と呼ばれる事もある。

しかも、東武8000系は登場から10両しか廃車されていない。

また、4桁では番号が足りなくなり、5桁の番号を持った形式もある。

東武8000系は活躍の長さから、更新車と未更新車に分かれている。

2004年に、ワンマン運転用の東武800系?、東武850系?が登場した。

走行線区

所属

南栗橋車両管理区春日部支所

南栗橋車両管理区館林出張所

七光台検修区

森林公園検修区

駆動方式

抵抗バーニア制御

塗装の変化について

東武8000系は登場時、ベージュとオレンジのツートンカラーだった。

その後、1974年から塗装の簡略化によりセイジクリーム一色になった。

しかしそれが不評だった為、1985年から現在のホワイト・ブルー・ライトブルーの塗装になった。

また、東武東上線開業90周年を記念して東武8000系の1編成が登場時のツートンカラー塗装になり、2005年6月まで走行した。

* リスト::鉄道車両の形式


* はてなダイアリーキーワード:東武8000系