横浜線

    鉄道ファンが集う場所です。鉄道にちょっと興味があるだけでも参加OKです。
    はてな鉄道ファン同盟から派生して出来ていますが、同盟に入っていなくても参加できます。
    年数回オフ会を開催しています、 詳しくはこちらからどうぞ。

横浜線

概要

JR東日本の路線。東神奈川~八王子間42.6km。全線複線電化。

戸籍上は横浜線の線名になっている横浜駅は通らないが、路線系統名としての「横浜線」は横浜を含む横浜~八王子間をさすことがある。日中はほとんどの列車が根岸線桜木町駅まで直通している。

朝夕には根岸線磯子や大船まで行く列車があり、土休日には横須賀線の逗子まで行く列車も設定されている。

八王子-長津田間は東急の甲種回送列車が通るほか、八王子-橋本間には一部相模線の列車が直通する。

臨時特急としてはまかいじ号のスジが土休日ダイヤに1往復設定されている。2006年11月までは毎週末運転されていたが、2006年12月からは多客時のみの運転に変更された。

沿革

1908-09-23?私鉄の横浜鉄道として開業
1917-10-01?国有化され、横浜線となる
1932-10-01?東神奈川~原町田(現:町田)間が電化
1941-04-05?町田~八王子間が電化され、全線電化完了
1967-10-22?菊名新横浜間が複線化。以後、段階的に複線化される
1987-04-01?国鉄の分割民営化により、JR東日本の路線となる
1988-03-06?相原~八王子が複線化。これにより全線の複線化が完了
1988-03-13?快速の運転を開始
1996-04-27?横浜~甲府間に臨時特急はまかいじの運行を開始する(のち、松本まで延長)
2006-11-26?臨時特急はまかいじの毎週末の運転を中止する(以後、多客時のみの運転に)

列車種別

特急はまかいじ号は乗車券または回数券*1の他に特急券が必要。その他の列車は乗車券(定期券・回数券含む)のみで乗車できる。

特急はまかいじ
多客時に1往復設定されている、山梨・長野観光向けの特急
快速
速達化のために設けられた種別だが、2006年3月ダイヤ改正で停車駅に菊名が加わり、さらに停車駅が多くなってしまった。東急東横線の急行に並ぶ「隔駅停車」っぷりである。
各駅停車
全駅に停車。朝・夕のラッシュ時は全てこれで運転される。駅のLEDによって「各停」「普通」とも表示され、統一されていない。

停車駅と接続路線

駅名特急
はまかいじ
快速各駅停車接続路線
東神奈川駅*2JR京浜東北線根岸線桜木町・大船方面へ直通運転)・京急本線仲木戸駅まで徒歩1分)
大口駅
菊名駅東急東横線
新横浜駅JR東海道新幹線横浜市営地下鉄3号線*3
小机駅
鴨居駅
中山駅横浜市営地下鉄4号線横浜市営地下鉄グリーンライン)(建設中)
十日市場駅
長津田駅東急田園都市線・横浜高速?*4こどもの国線
成瀬駅
町田駅小田急小田原線
古淵駅
淵野辺駅
矢部駅
相模原駅
橋本駅JR相模線相模線から八王子方面へ一部直通運転)・京王?相模原線?
相原駅
八王子みなみ野駅
片倉駅京王?高尾線?京王片倉駅まで徒歩10分)
八王子駅JR東日本中央本線?(特急はまかいじ号のみ直通運転)・JR中央線(快速)JR八高線・京王?京王線京王八王子駅まで徒歩7分)

運行形態

全ダイヤを通して桜木町東神奈川~八王子の往復を中心に運転される。

平日朝夕のラッシュ時は全て各駅停車で運転され、上りは東神奈川行きが主流で、一部は根岸線直通の磯子・大船行きとなる。下りは朝ラッシュ時は町田・橋本で折り返す列車も多いが、夕ラッシュ時はほとんどの列車が八王子まで行き、橋本行きも一部あるものの町田行きは存在しない。


日中はだいたいパターン化されているが、完全なパターンダイヤではなく、時間帯によって1分~2分のズレがある。

上りは八王子発が1時間あたり6本運転され、うち2本が快速桜木町、2本は各停桜木町、残りは東神奈川行きである。またこの他に町田または橋本発桜木町行きが1時間あたり2本運転される。

下りは桜木町発が1時間あたり6本運転され、こちらは全て八王子行きで、うち2本は快速である。この快速の発車を待つ形で東神奈川町田・橋本行きが1時間あたり2本運転される。

快速は下りは東神奈川で始発の各停に、町田で先行する各停にそれぞれ連絡する。上りは橋本または町田で始発の各停に、中山で先行する各停にそれぞれ連絡するが、日中パターン以外の時間帯では町田で先行する各停に連絡する場合もある。


また、平日・休日に関わらず、朝夕は茅ヶ崎~橋本~八王子間で相模線からの直通列車が運転される。

列車番号

JR東日本の電車区間各線に共通した振り方。

0000K 0000F

上2桁

始発駅の発時間を示す。1桁の場合は初めの0は省略される。

ただし、逗子行き・逗子始発の列車に限って1桁目が5となり、2桁目は発時間の下1桁となる(現ダイヤでは上り:5802K、下り:5603K)。

下2桁

運用番号を示す。運用番号は全て奇数なので、下りはそのまま、上りは1を引いた数が表示される。

英字

横浜線の電車は"K"、相模線からの直通には"F"が用いられる。

特急はまかいじ

特急はまかいじは臨時列車であるため振り方が異なる。

区間下り(松本行き)上り(横浜行き)
横浜~東神奈川9086M9083M
東神奈川~松本9061M9064M

運転車両

一般車

  • 205系0番台(2号車にサハ204形100番台を連結*5

相模線からの直通

特急はまかいじ

特別列車

臨時列車

前述の通り、多客時には特急はまかいじが運転される。

また、小机の日産スタジアムでサッカーの試合や大規模なライブが行われる際、臨時に電車が増発されることがある。その際、橋本・町田折り返しのほか、普段は見られない中山小机折り返しの列車が設定されることもある。

なお、例年大晦日に終夜運転を行っていたが、2006年の大晦日から2007年の元旦にかけては終夜運転は行われないとのことである。

-->

*1:自由席に限り、定期券でも可

*2ATCATS切替のため運転停車

*3横浜市営地下鉄4号線開通時よりブルーラインの愛称を使用予定

*4:第2種鉄道事業者は東急

*5山手線より転属したH27編成を除く

* はてなダイアリーキーワード:横浜線