205系

    鉄道ファンが集う場所です。鉄道にちょっと興味があるだけでも参加OKです。
    はてな鉄道ファン同盟から派生して出来ていますが、同盟に入っていなくても参加できます。
    年数回オフ会を開催しています、 詳しくはこちらからどうぞ。

205系

205系

1985年山手線に登場したJR通勤電車

関東を中心に増備され、当初は山手線埼京線京浜東北線総武緩行線横浜線相模線京葉線武蔵野線南武線に主に101系?103系を駆逐するべく大量に増備された。

また、関西でも東海道緩行線*1阪和線に増備された。阪和線向けの車両JR発足後に製造されたもので、前面窓が大きい1000番台である。

関東での導入はJR化以降加速したというのが実際だが、関西ではむしろあまり積極的には導入されず、後の207系が主力となった。


しばらくの間、関東といえば205系というほど首都圏を中心に走っていたが、流石にE231系などの新車にはかなわず、山手線京浜東北線総武緩行線からは撤退。その代わり、八高線川越線鶴見線南武支線鶴見線、仙石線?に転属し活躍の場を増やしたり、転属改造により形式にバリエーションも増えた。

関西でも321系の登場により、京都線・神戸線の車両阪和線に転属した。関西205系は全て同線に集結したことになる。


制御方式は界磁添加励磁制御

システムとしては、電気指令式空気ブレーキステンレス車体、戸袋窓のない側面、ボルスタレス台車など新機軸を打ち出し、国鉄臭を脱した通勤電車である。後に下回りは211系221系、251系?、253系?651系で応用され、ボルスタレス台車はこれ以降台車の標準となった。

また、6ドア車を初めて導入した車両でもある。*2多扉車両は、京阪5000系?が元祖ではあるが、山手線205系6ドア車が登場したことで全国的に有名になったのが事実である。


* リスト::鉄道車両の形式


* はてなダイアリーキーワード:205系