207系

    鉄道ファンが集う場所です。鉄道にちょっと興味があるだけでも参加OKです。
    はてな鉄道ファン同盟から派生して出来ていますが、同盟に入っていなくても参加できます。
    年数回オフ会を開催しています、 詳しくはこちらからどうぞ。

207系

JR西日本とJR東日本で使用されている車両形式であるが、両者は全く異なった存在である。

JR東日本

概要

国鉄時代の1986年に、初のVVVFインバータ制御の試験として1編成のみが試験的に製造され、消費電力問題のあった常磐緩行線~営団地下鉄千代田線直通運用に投入して評価を行なうべく松戸電車区(現・松戸車両センター)に配置された。

車体の基本構造は205系を基本としたステンレスボディであるが、歴代の千代田線直通車両に準じて前面中央に貫通扉を備え、エメラルドグリーンの帯を腰部に1本のみ纏っている。

しかし、当時の半導体技術では営団が乗り入れ車両に求める起動加速度や勾配再起動のためにはMT比を203系と同じ6:4から下げることが出来なかったにもかかわらず製造コストが大幅に上回り、また空転制御もあまり芳しくなかったため、量産には至らなかった経緯がある。
その後JR東日本での本格的なVVVFインバータ制御の量産型通勤用電車は、1993年の209系登場まで間が空くこととなる。

所属・運用

現在、松戸車両センター(東マト)に所属し、203系および209系1000番台と共に常磐線各駅停車・東京メトロ千代田線(取手~綾瀬~代々木上原)直通運用に用いられている。これらは3形式は運用上特に形式毎の区別は行なわれておらず共通で運用されている。

2008年度中に始まる新形式E233系2000番台の投入によって、203系と共に置き換え廃車となる予定と報じられている。これは209系が1編成のみしかない特異性のためにメンテナンスコストがかかることを嫌った対策とされている

JR西日本

概要

民営化後、初めて設計された車両で、片福連絡線(現・JR東西線)の開業を前に、1991年から導入された。その後細かな仕様変更が加えられながらも、2002年まで製造が続けられた。試作編成の7両固定編成を除いて、基本編成4両付属編成3両の分割可能な編成を組む。

当初は濃淡2色の青系の間に白いアクセントラインの入った帯を纏っていたが、福知山線脱線事故を機に321系に準じたオレンジ系の帯色に変更された。

所属・運用

全車両が網干総合車両所明石品質管理センター(神ホシ)に所属し、JR神戸線JR京都線琵琶湖線JR宝塚線JR東西線学研都市線で主として運用に就く。その他にも湖西線大和路線(木津~奈良間)で少数ではあるが運用される。また、兵庫和田岬103系の代走として入ることもある。

試作編成は7両固定のため、その他の編成とは共通運用に就かず、321系と共通の運用に就く。


* リスト::鉄道車両の形式

* はてなダイアリーキーワード:207系