E233系

    鉄道ファンが集う場所です。鉄道にちょっと興味があるだけでも参加OKです。
    はてな鉄道ファン同盟から派生して出来ていますが、同盟に入っていなくても参加できます。
    年数回オフ会を開催しています、 詳しくはこちらからどうぞ。

E233系

E233系

 JR東日本が2006年12月26日から営業運転を開始した通勤・近郊型直流電車。201系209系などの後継車両。故障対策として主要機器類の二重系統化を行ったのが最大の特徴。外観上は、JR東日本で初のフルカラーLEDによる種別・行先表示が目を引く。

 豊田電車区(八トタ)に最初に配属され、中央線、青梅線・五日市線で運用中。八高線・富士急行線に乗り入れるものもある。銀色のステンレス車体だが、伝統的な中央線系統のラインカラーの橙色を帯に巻く(ただし201系より色がやや薄い)。

 07年秋以降に京浜東北・根岸線へ、08年度にストレートボディ版が常磐緩行線(地下鉄千代田線乗り入れ用、203系207系900番台の置き換え)へ投入されることが、既に発表されている。また、小田急電鉄がE233系をベースにした4000形電車(2代目)を同様に地下鉄千代田線乗り入れ用(1000形の置き換え)として07年秋以降順次導入している。

 国府津車両センター(横コツ)にも基本・付属を組み合わせた15両編成1本が配属され、東海道線で営業を開始している。

八トタ・H編成

 中央快速線用の10両編成で、6+4両に分割・併合が可能。1号車が東京寄り。201系とは分割位置が変わり、6号車と7号車がクハになっている(なお、201系も残存する2編成はE233系と共通運用できるよう組み替えられている)。MT比は6連側が4M2T・4連側が2M2Tの10連全体で6M4T。保安装置はATS-PおよびSN。本線運用・青梅線直通運用のほか、分割併合を伴う五日市線・八高線直通や富士急行線河口湖直通運用に入る。

 当初15編成が落成、編成番号はT編成からの連番でH43~H57が付与された(従って201系残存車との番号重複は回避された)。のちに青編成から青658編成+青458編成がH58編成としてH編成に編入され計16編成となっている。

 H43編成が最初の営業運転(06年12月26日528H)に就いた。またH52編成にはローレル賞受賞記念のヘッドマークが取り付けられた(写真)。ホームの長さなどの関係上、八高線と富士急行線には付属編成(7~10号車)のみが入る。ただし、07年9月の富士スピードウェイでのF1開催に伴う臨時の「ホリデー快速河口湖」は、大月で分割を行った上で基本・付属の両編成が富士急行線に入った(H43・H45編成)。

 中央快速線系統にてE233系の事故や災害による損傷や故障が相次いで車両不足が深刻化したことから、緊急措置としてH52編成*1東急車輛製)が10号車だけをH44編成*2(川崎重工製)から借用し、2008年10月22日から27日まで運用に入っていた(これを1編成としてカウントしても、平日は予備編成ゼロの状態だった)。

編成番号<1号車2号車3号車4号車5号車6号車><7号車8号車9号車10号車>製造
 クハE233
モハE233モハE232モハE233モハE232クハE232クハE233モハE233モハE232クハE232 
H4343434324324350150160160143東急
H4444444424424450250260260244*3川重
H4545454524524550350360360345東急
H4646464624624650450460460446東急
H4747474724724750550560560547東急
H4848484824824850650660660648東急
H4949494924924950750760760749東急
H5050505025025050850860860850東急
H5151515125125150950960960951東急
H5252525225225251051061061052*4東急
H5353535325325351151161161153川重
H5454545425425451251261261254川重
H5555555525525551351361361355東急
H5656565625625651451461461456東急
H5757575725725751551561561557東急
H5858585825825851651661661658東急

八トタ・T編成

 中央快速線用の10両貫通編成。分割併合を必要としない本線内および青梅線青梅行運用等に用いられる。MT比は6M4T。201系と異なり、6・7号車がサハとなっている(201系は4・7号車)。保安装置はATS-PおよびSN。
すでに全編成が落成、営業運転を開始している。

 T2編成は、本形式の営業運転初日にH43編成のドア不調に伴い、途中から急遽29H運用を引き継いで営業運転に入った。翌日、201系以外で初の「中央特快」を務めたのもT2編成だった。

編成番号<1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車8号車9号車10号車>製造
 クハE233モハE233モハE232モハE233モハE232サハE233サハE233モハE233モハE232クハE232 
T111120120150114014011新津
T222220220250224024022新津
T333320320350334034033新津
T444420420450444044044新津
T555520520550554054055新津
T666620620650664064066新津
T777720720750774074077新津
T888820820850884084088新津
T999920920950994094099新津
T101010102102105101041041010新津
T111111112112115111141141111新津
T121212122122125121241241212新津
T131313132132135131341341313新津
T141414142142145141441441414新津
T151515152152155151541541515川重
T171717172172175171741741717新津
T181818182182185181841841818新津
T191919192192195191941941919新津
T202020202202205202042042020東急
T212121212212215212142142121 
T222222222222225222242242222新津
T232323232232235232342342323新津
T242424242242245242442442424東急
T252525252252255252542542525川重
T262626262262265262642642626新津
T272727272272275272742742727新津
T282828282282285282842842828川重
T292929292292295292942942929 
T303030302302305303043043030新津
T313131312312315313143143131新津
T323232322322325323242343232川重
T333333332332335333343343333川重
T343434342342345343443443434新津
T353535352352355353543543535新津
T363636362362365363643643636新津
T373737372372375373743743737新津
T383838382382385383843843838新津
T393939392392395393943943939新津
T404040402402405404044044040新津
T414141412412415414144144141新津
T424242422422425424244244242新津

八トタ・青編成

 主として青梅線内・五日市線内運用向けの、6+4両の組成が可能な10両編成。ただし同線の性格上、4連のみ/6連のみで分割併合を伴わない運用にも多く就く。保安装置はATS-PおよびSN。内装を含めて中央線のH編成と同じ仕様になっており、将来的に中央線H編成との共通運用化を計画しているとの見方もある。編成番号もH編成からの連番で青458/青658から振られ、百の位が編成の両数を表している。実際に当初青編成として配備されたトップナンバーの青458+青658編成は2008年4月初頭にH58編成としてH編成に編入された。

  • 東急車輌製…青458+青658, 青460+青660, 青463+青663, 青465+青665, 青466+青666, 青467+青667, 青668, 青669, 青670
  • 川崎重工製…青459+青659, 青461+青661, 青462+青662, 青464+青664
編成番号<1号車2号車3号車4号車5号車6号車編成番号7号車8号車9号車10号車>製造
 クハE233
-0
モハE233
-0
モハE232
-0
モハE233
-200
モハE232
-200
クハE232
-500
クハE233
-500
モハE233
-600
モハE232
-600
クハE232
-0
 
青670707070270270528

横コツ・E0編成(基本)

 3000番台の基本編成。東海道線向けの15両編成を組成する熱海/伊東方の10両編成で、10号車が東京寄りのため後述の増結編成の分割/併合に対応するための電連が装備されている。MT比は6M4Tで、付属編成を増結した15連では8M7Tを構成する。保安装置はATS-PおよびSN。
横クラ所属のE217系の更新工事に伴い横須賀線・総武快速線の予備車が不足することから、同区から東海道線用に転属してきた元横須賀線用のE217系のうちから1編成返却して対応することとなり、その補充として当形式1編成を新製導入した。
0番台や東海道線用E231系に準じて半自動ドアスイッチを装備、車内は緑色系統のシートモケットを採用している。扉上の情報表示装置は他番台とは異なり液晶モニタの採用は見送られ、東海道線用E231系に準じて3色LED式のテロップ装置が採用されている。東京近郊の中距離電車ではお馴染となった2階建グリーン車を4号車と5号車の2両連結しており、これはE233系としては初となった(設計はE531系のグリーン車を踏襲している)。
また同世代の中距離電車であるE531系に準じて、高速運転時の安定性や乗り心地の向上に寄与するヨーダンパ?を全車両に装備している*5

 2008年3月10日運用開始*6。現在のところ、E217系と共通運用されており主に東海道線内の東京~熱海間を中心に運行されており湘南新宿ラインへの営業入線実績はないが、伊東線伊東駅構内に留置されていた事があるのが確認されている。

編成番号<1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車8号車9号車10号車>製造
 クハE232
-3000
モハE232
-3400
モハE233
-3400
サロE232
-3000
サロE233
-3000
モハE232
-3000
モハE233
-3000
モハE232
-3200
モハE233
-3200
クハE233
-3000
 
E013001340134013001300130013001320132013001東急

横コツ・E5編成(増結)

 3000番台の付属編成。東海道線向けの15両編成を組成する、東京方に増結される5両編成。MT比は2M3Tで、15両編成全体で8M7Tを構成する。保安装置はATS-PおよびSN。
号車番号は11~15号車で振られており、熱海/伊東方の11号車には分割/併合対応の電連を装備している。
普通車モノクラスの5両編成でMT比が異なる以外の仕様は基本編成とほぼ同じで、全車両にヨーダンパを装備している点も同じ。

 現在のところE217系と共通の運用で主に東京~熱海間の東海道線区間を中心に運用されているが、同区の増結5連編成は211系時代・E231系共に御殿場線直通山北行き運用に用いられていることから、今後その運用にも投入される機会があると思われる。

 E0編成に同じく2008年3月10日運用開始。

編成番号<11号車12号車13号車14号車15号車>製造
 クハE232
-3500
モハE232
-3600
モハE233
-3600
サハE233
-3000
クハE233
-3500
 
E5135013601360130013501東急

宮ウラ

 京浜東北・根岸線向けの10両貫通編成。保安装置はATCおよびD-ATC209系と違い、MT比が4M6Tから6M4TへとM車の比率が上げられ、編成全体がワイドボディ化されたため6号車に6ドア車両は導入されていない。
半自動ドアスイッチを装備しないほか、車内設備としては扉上の液晶モニタが15インチから17インチワイドサイズに変更され、シートモケットも青色ベースを纏っている。

編成番号<1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車8号車9号車10号車>製造
 クハE232
-1000
モハE232
-1200
モハE233
-1200
モハE232
-1000
モハE233
-1000
サハE233
-1000
モハE232
-1400
モハE233
-1400
サハE233
-1200
クハE233
-1200
 
1011001120112011001100110011401140112011001東急
1021002120212021002100210021402140212021002東急
1031003120312031003100310031403140312031003東急
1041004120412041004100410041404140412041004東急
1051005120512051005100510051405140512051005東急
1061006120612061006100610061406140612061006川重
1071007120712071007100710071407140712071007東急
1081008120812081008100810081408140812081008川重
1091009120912091009100910091409140912091009東急
1101010121012101010101010101410141012101010川重
1111011121112111011101110111411141112111011東急
1121012121212121012101210121412141212121012新津
1131013121312131013101310131413141312131013新津
1141014121412141014101410141414141412141014新津
1151015121512151015101510151415141512151015新津
1161016121612161016101610161416141612161016新津
1171017121712171017101710171417141712171017新津
1181018121812181018101810181418141812181018新津
1191019121912191019101910191419141912191019新津
1201020122012201020102010201420142012201020新津
1211021122112211021102110211421142112211021新津
1221022122212221022102210221422142212221022新津
1231023122312231023102310231423142312231023新津
1241024122412241024102410241424142412241024新津
1251025122512251025102510251425142512251025新津
1261026122612261026102610261426142612261026新津
1271027122712271227102710271427142712271027新津
1281028122812281028102810281428142812281028東急
1291029122912291029102910291429142912291029東急
1321032123212321032103210321432143212321032東急
1331033123312331033103310331433143312331033東急

東マト(2008年秋配備開始予定)

 2000番台となる予定の、常磐緩行線・東京メトロ千代田線直通向けの10両固定編成。保安装置はATS-SN,ATCおよび千代田線式新CS-ATCMT比は209系1000番台に同じく6M4Tが予定されている。当系の他番台とは、東京メトロ線直通仕様として従来幅のストレートボディで前面に非常脱出用の貫通扉(プラグ式ドア)を備えている点が大きく異なる。

 2008年秋頃より投入開始予定となっており、同区所属の203系および207系900番台が一掃される見込み。

 なお、ほぼ同仕様の小田急新4000形が一足先に2007年冬から小田急線内および千代田線直通運用に就き始めている。

*1:踏切事故にて先頭車損傷のため休車状態だった。

*2:ブレーキトラブルのため10/21に運用を離脱した

*3:08年10月22日~27日の間はH52編成に貸出

*4:08年10月22日~27日の間は「44」を連結した。事故・故障による車両不足に伴う組み換えのため。

*5E231系ではグリーン車にしか実装されておらず、他の近郊型E231系車両においては将来の取り付け改造が可能なよう準備工事のみとなっている

*6:当初の予定は3/7だったが人身事故の影響で運用が変わり実現しなかった


* はてなダイアリーキーワード:E233系