20歳でJR完乗を目指す、或る鉄ヲタの日記

2007-04-062007年春まとめ。

全国JR乗車状況

 全線乗車済み未乗割合
JR北海道2499.81032.81467.041.315%
JR東日本7405.83858.83547.052.105%
JR東海1970.81925.944.997.722%
JR西日本4983.24372.4610.887.743%
JR四国855.2732.7122.585.676%
JR九州2121.72121.70.0100.000%
6社合計19836.514044.35792.270.8%

JR西日本に宮島航路含む。

乗車距離合計

5745km

2007-04-05大糸線リベンジツアー+α 3日目

行程

発駅発時刻列車種別行先列番車番着駅着時刻距離(km)備考
新宿5:18普通山手線内回り400GモハE231-639品川5:3810.6 
品川5:55普通沼津323MモハE231-1581沼津8:05119.4 
沼津8:09普通浜松743Mクハ210-5014浜松10:15130.9浜松着約1時間遅れ
浜松11:09普通豊橋939Mクハ312-5007豊橋11:4236.5豊橋着約10分遅れ
豊橋11:55新快速大垣2319Fサハ313-5003大垣13:14116.4 
大垣13:35普通米原229F313系米原14:1035.9 
米原14:23新快速姫路3475Mクモハ223-2081大阪15:43110.5 

この旅行での総乗車距離

本日分累計
560.22302.9

新規乗車区間

なし


旅行記

 新宿には5:10定着。

いつもならこの時間に東京についたら観光してから帰阪したいところですが、

精神的・体力的共に余裕はないので、まっすぐ西へ向かわせていただきます。


 ただ西へ向かうだけなので、本来なら数行で済みそうな本日の日記なのですが、

どうやら神様はそれを許してくれないようです…

f:id:sonshi1507:20070405083125j:image

富士川付近から望む美しい富士山。このあと車窓に、これとは正反対の修羅場の光景が…


 順調に西進を続ける中、静岡で突如足止めを食らいます。


原因は…


西焼津~藤枝間での人身事故。


せっかくまっすぐ帰りたいところなのに、非常に厄介です…


 しかも時間的に私の乗っていた列車が興津あたりにいるときに起こったらしく、

復旧まではだいぶ待たなくてはいけないようです。


 とりあえず朝食がまだだったので、ホームの売店でサンドイッチなどを購入、食べます。


 そして1時間近くたち、ようやく安全が確認され、列車は再び西へ。

 

 その後、問題の区間に列車が差し掛かり、反対側の線路を見てみると…










処理しきれなかった細かい部品が…








 すみませんそれ以上の表現は控えさせていただきますm(_ _)m

お口直しにどうぞ。↓

f:id:sonshi1507:20040807143935j:image


 まぁ、それ以降は大した事故(もネタ)もなく、再び順調に西へ向かうことができました。

結果的に、大阪着は1時間ほど遅れました。


 途中、垂井駅横の桜がきれいに咲いていました。先の出来事の、

いい口直しになったと思いますw

f:id:sonshi1507:20070405134354j:image


 こうして、私の大糸線リベンジは成功を収めました。

2007年春の旅行も、青春18きっぷを使い切ったことで終わりました。


 翌日はこの春のまとめです。


大糸線リベンジツアー+α旅行記、完。

2007-04-04大糸線リベンジツアー+α 2日目

行程

発駅発時刻列車種別行先列番車番着駅着時刻距離(km)備考
長岡5:43普通越後中里1722Mクハ115-1048越後湯沢6:5671.4 
越後湯沢8:05Maxたにがわ401号ガーラ湯沢4401C226-2012ガーラ湯沢8:081.8 
ガーラ湯沢9:17Maxたにがわ404号東京4404C同上越後湯沢9:201.8 
越後湯沢9:31普通直江津830MHK100-10直江津11:0384.2 
直江津11:57普通富山552Mクハ455-62筒石12:1518.4 
筒石13:45普通富山554Mクハ455-60糸魚川14:0320.4 
糸魚川15:01普通南小谷430Dキハ52-125南小谷16:0135.3 
南小谷16:14普通信濃大町1344MクモハE127-111信濃大町17:1035.0 
信濃大町17:16普通富士見1542Mクハ114-1002松本18:1135.1 
松本18:24普通長野1229Mクハ115-1249長野19:3662.7 
長野19:41普通妙高9号直江津3329Mクハ189-28直江津21:1875.0 
直江津21:20普通長岡1357Mクモハ115-1059長岡22:4673.0 
長岡23:01普通新潟465MクモハE127-4新津23:5548.1 
新津0:06快速MLえちご新宿3720Mクモハ485-1021新宿5:10321.6 

この旅行での総乗車距離

本日分累計
883.81742.7

新規乗車区間

  • JR路線
    • JR東日本
      • 上越線ガーラ湯沢支線(完乗) 越後湯沢~ガーラ湯沢(1.8km)
    • JR西日本
      • 大糸線(完乗) 南小谷~平岩(14.9km)
  • その他の私鉄・公営交通
    • 北越急行(完乗)
      • ほくほく線(〃) 六日町~犀潟(59.5km)

旅行記

 ムーンライトえちごの長岡到着は3:39。当然まだ真っ暗で駅には人気なし。

次の列車まで2時間ほどあるので、外は寒いことですし適切なところで休んでいきたいところですが、

在来線改札内の待合室は閉まっていました。当然困りましたが、

新幹線の有人改札は無人でフリーパスでした。

そして新幹線改札内の待合室は煌々と明かりが灯っていました。

とりあえずここで2時間近く仮眠することに…。

18きっぷで新幹線改札に入ってサーセンwww


 で、時間が来たので在来線改札に戻ると、ちょうどトワイライトEXP大阪行きが来ていました。

f:id:sonshi1507:20070404052856j:image


 それを見送って間もなく、上越線・越後中里行き到着。来た道を逆行し、越後湯沢へ。

途中の車窓の越後山脈は見事でした。

f:id:sonshi1507:20070404063214j:image


f:id:sonshi1507:20070404065644j:imagef:id:sonshi1507:20070404070830j:image

 越後湯沢に着くと、みどりの窓口へ行き、越後湯沢~ガーラ湯沢の往復切符を購入。

最初は片道だけ買って帰りは徒歩の予定だったのですが、外は寒かったのでやめました。

どう見てもへたれです本当にry


 新幹線の発車時刻まで余裕があるので待合室へ。ここの待合室には座敷があって、

横になることができます。長岡にもホスィw


 そして発車時刻が近付いてきたのでホームへ。

対向ホームの下に大きな文字で当駅の標高が書いてありました。

f:id:sonshi1507:20070404080218j:image


 やがて来たのは200系リニューアル車。1年と8ヶ月ぶりの乗車です。

だからどうした。

f:id:sonshi1507:20070404080925j:imagef:id:sonshi1507:20070404081501j:image

わずか3分で終点・ガーラ湯沢到着。越後湯沢出発時にカップラーメンに湯を入れれば、

ガーラ湯沢到着時には出来上がりです。

やっぱりここではガーラだけに鶏「ガラ」スープのチキンラーメンを…




 サーセンm(_ _)m



 ちなみにガーラとはレジャー施設の名前です。


 適当にお土産とか買って、それでも時間が余ったので待合室でボー…

やっぱり歩けばよかったか(あほ)。

1時間後の折り返し・Maxたにがわ404号で越後湯沢に戻ります。


 そこからお次は10分程度の乗り換えで、ほくほく線・直江津行きに乗車。

電車でGO!でお馴染み…ていうかそのゲームで存在を知った路線ですが、

乗車するのは今回が初めてなので、結構楽しみです。

f:id:sonshi1507:20070404102214j:image


 とか言っときながら、トンネル駅の美佐島を過ぎたあたりでzzz…

だって寝不足だったんだもん!(キモス)おまけにトンネルだらけだし。

f:id:sonshi1507:20070404102125j:image

気がついたらまつだい。ここで特急待ちの長停車があったので、

その間に運転手さんに申し出て、六日町~犀潟の運賃を払います。

やがて高速で、はくたかのホワイトウィングが通過。


 そこからも相変わらずトンネルの連続。新幹線と違うのは線路の幅くらい…。

したがって特に車窓に関する感想はありませんw

ゲームと同じでくびき付近で広大な田園風景が。遠くに見えるのは妙高の山々でしょうか。

f:id:sonshi1507:20070404105216j:image

やがて直江津11:03着。ここで少し早い昼食をとります。

直江津駅構内には立ち食い蕎麦はありませんでしたが、駅舎を出たすぐ横にありました。

そこの名物っぽい、もずくそばを賞味。

ちなみにそこは学生メニューもありましたがギリギリ4日アウトですw


 直江津から、普通・富山行きでトンネル駅の筒石へ。今回は稚内駅の赤い18きっぷ使用ですが、

九州旅行の前半で使用したのは筒石発行の赤い18きっぷでした。

一応使用済みのそれを一緒にチケットケースに入れて持参していたので、

18きっぷの里帰りと相成ったのであります(意味不明)。

何気に今回は3回目の訪問で、以前は2005年3月、その前は2003年4月と、

何故か2年おきにこの駅に来ています。次は2009年の春かな?w


 列車は当たり前ですがトンネルの真ん中で停車。ホームに降りると見張りの

委託駅員さんが迎えてくれます。そして長い階段を上り、別の委託駅員さんがハイテンションで、

18きっぷに下車印を押して頂いたり入坑証明書(の葉書)を頂きました。

ドリフ大爆笑のサービス精紳旺盛な銭湯を思い出しましたw


f:id:sonshi1507:20070404130747j:image

ここでも最初は外に出て北陸本線旧線跡とかも見てみたかったんですが、

やはり寒かったので断念して駅舎内で駅ノートを読んだりして過ごしました。


 さっきから寒さのせいにしていますが、単に私の防寒装備がしょぼいからです。

要するに私は莫迦だということですw


f:id:sonshi1507:20070404133250j:imagef:id:sonshi1507:20070404133635j:image

 再びトンネル内のホームに戻り筒石駅に別れを告げます。

その後、来たのはなんと国鉄色の455系。ラッキー。

f:id:sonshi1507:20070404140347j:image

そして糸魚川では1時間の時間待ち。また待合室でボー…

f:id:sonshi1507:20070404143756j:image

切り欠きの大糸線ホームに到着したのはキハ52-125。実は2年前に乗車した時と

全く同じ車両なのですが、塗装がオリジナル(実際は越美北線色と言われています)から、

鉄道省色といわれる、113系の横須賀色のようなものに変わっていました。

したがって現在は越美北線色のキハ52は走っていません。

リベンジしにきたら塗装が変わっていた、というのは微妙に切ない気分ですw


 さて、いよいよ一応この旅行のメインイベントである、大糸線リベンジ乗車の始まりです。

列車は順調に大糸線を南へ…、そして運命の平岩駅到着!

ここで何事もなければ王手です!果たして…


行ったあぁぁぁーーーー  うるせぇよ俺


ピンポーン♪この列車は、南小谷行きワンマンカーです。次は北小谷、北小谷です。

f:id:sonshi1507:20070404154804j:image


 そしてその後も何事もなく(ちょっと寝ましたが)列車は南小谷到着。

2年前の無念をここに晴らしたのであります。

f:id:sonshi1507:20070404160255j:imagef:id:sonshi1507:20070404160302j:image


 ここから当初は糸魚川へ引き返して長岡へ抜ける予定だったんですが、

同じ道を行ったり来たりするより別の道を行く方がいいなと思い、

南小谷→松本→長野→直江津→長岡のルートを時刻表で調べるとセーフな上、

長岡から新潟行きに乗ると新津でちょうど帰りのムーンライトえちご新宿行きを、

ゲットできることが判明したので、迷わずそのルートに変更w

各々の乗り換え時間はごく僅かですが。ここは接続が良い、とポジティヴシンキングでw


 信濃大町行きは、先ほど乗ってきた大糸北線の折り返しの糸魚川行きと同時刻に南小谷発車。

4月の雪景色を眺めつつ南下。途中、木崎湖・中綱湖・青木湖(順番自信なしw)は

霧に覆われていて幻想的な風景でした。

f:id:sonshi1507:20070404165855j:image


 信濃大町で富士見行きに乗り換え。ちなみに中央東線を上りから見て、長野県最後の駅が

信濃境で、そのひとつ前が富士見です。

今回は松本までなのでそんなの関ry 当時は小島よしおなんて全然出てなかったなw

ちなみに、私はこの信濃大町で、MDウォークマンのイヤホンを、前に乗ってきた車両に

置き忘れるというプチハプニングを起こします。すぐ気付いたので事なきを得ました。


 松本では僅かな乗り換え時間で篠ノ井線の長野行きへ。途中の有名な姨捨付近の車窓は、

すでに暗くなっていたために夜景に。それはそれで見事です。

f:id:sonshi1507:20070404190701j:image

写真はブレまくりwww


 長野では数分の乗り換え時間の間に、蕎麦屋で蕎麦を持ち込み容器で買います。

乗り込んだ普通「妙高」号はほぼ満員。微妙にミスったw

なんとか早々とそばを平らげますが、次の北長野で乗客の大半は下車。なんじゃそらw


 新潟県との県境付近になると再び雪深くなってきます。

夜の車窓は暗くて見にくいですが、雪があると光が反射するのでその存在は何となく判ります。

蛍雪の功とはよく言ったもんです。今の子供(含俺)は明るくても勉強しませんね…


 直江津では1分乗り換えで長岡行きへ。これから通る線路が3ヶ月後に、

土砂に埋もれることになろうとはまだこのときは知る由もありません。

本来なら↑のようなことを書くことはないと思いますが…

この旅行記書いてるの、もう旅行から9ヶ月(爆


 やがて長岡着。ここでボーっとしててもえちごには乗れるんですがここは極限に挑戦

(何がやねん)! 新津まで行き、そこでムーンライトえちご新宿行きを捕まえました。

f:id:sonshi1507:20070404235536j:image


 こうやって1日中電車で過ごしたのはかなり久々だな…と思いつつ、

私は再びムーンライトえちごに乗り、帰路に就くのでした。


4日終わり。

KZW1KZW12008/01/13 17:57越後湯沢→直江津は前面展望ビデオ持ってるから、乗ったこと無い癖に景色は知ってる(笑)。
僕も北越北線,名鉄各種路線,秋田新幹線等は電GOで存在を知ったわ。

2007-04-03大糸線リベンジツアー+α 1日目

プロローグ

 時は2年前、2005年3月28日に遡る。


 私は、大糸線を乗りつぶすため、糸魚川を12:21(当時のダイヤ)に発車する、

大糸線・南小谷行きに乗っていた。


 その日の北陸地方の天気はぐずついていて、山々に挟まれている地形を走る大糸線沿線は、

しばしば強風が吹き荒れていた。


 そんな中、まもなく平岩駅、というところで、

私の乗りつぶしの野望を打ち砕かんとする放送が聞こえてきた。


 お客様にお知らせいたします。ただいま、平岩~南小谷間に於きまして、強風のため、

列車の運転を見合わせています。お客様には大変ご迷惑をおかけいたします。


 結局、我々乗客は南小谷までのバス移動を余儀なくされたのである。以降、

私の乗りつぶしマップの大糸線のところには、不可思議な空白が残ることととなった。


 これが、この旅行の決行の動機である…。


 ちなみにこのあと、乗り換え先のJR東日本の簗場駅で、信号機故障のため、

また立ち往生することになりますw


行程

発駅発時刻列車種別行先列番車番着駅着時刻距離(km)備考
大阪7:03新快速米原3404Mモハ222-3026米原8:27110.5 
米原8:32普通大垣202Fモハ117-46大垣9:0535.9 
大垣9:10新快速浜松2312Fサハ313-5005浜松11:08152.9 
浜松11:11普通興津762Mクハ313-2507島田11:5749.3 
島田12:07普通三島764Mクハ312-2331沼津13:3081.6 
沼津14:05普通国府津2564Gクハ313-3007国府津15:2960.2 
国府津15:33快速東京3762MモハE230-1101横浜16:1648.9 
横浜16:20普通大宮1550Aクハ209-18鶴見16:307.1 
鶴見16:38普通海芝浦1605モハ205-35海芝浦16:494.7 
海芝浦16:55普通鶴見1604B同上浅野16:591.7 
博多17:05普通大川1615Bモハ205-41大川17:112.1 
大川17:19普通鶴見1714同上安善17:231.6 
安善17:29普通扇町1709モハ205-173扇町17:373.5 
扇町17:40普通鶴見1708同上浜川崎17:441.3 
浜川崎17:58普通尻手1723Hクモハ205-1003尻手18:054.1 
尻手18:11普通登戸1843Fモハ205-52武蔵小杉18:225.8 
武蔵小杉18:31通特渋谷022182 自由が丘18:343.8 
自由が丘18:36普通渋谷028172 祐天寺18:413.8 
祐天寺 普通北千住  中目黒 1.0 
中目黒 普通渋谷  渋谷 2.2 
渋谷 普通山手線外回り  新宿 3.4 
新宿23:09快速MLえちご新潟3763Mモハ485-1021長岡3:39273.5 

この旅行での総乗車距離

本日分累計
858.9858.9

新規乗車区間

  • JR路線
    • JR東海
      • 御殿場線(完乗) 国府津~沼津(60.2km)
    • JR東日本
      • 鶴見線(完乗) 鶴見~扇町(7.0km)
      • 鶴見線<海芝浦支線>(〃) 浅野~海芝浦(1.7km)
      • 鶴見線<大川支線>(〃) 武蔵白石~大川(1.0km)
      • 南武線 尻手~武蔵小杉(5.8km) 
      • 南武線<浜川崎支線>(完乗) 尻手~浜川崎(4.1km)
  • その他の私鉄・公営交通

旅行記

 この日はまず、東海道本線をひたすら東京へ…では面白くないので、

ところどころ支線へ寄り道しつつ東へ向かいます。


 まず最初のネタは浜松駅から。一昨日に浜松市が政令指定都市となったため、

駅名標の所在地名表記が変わっています。

f:id:sonshi1507:20050331160638j:imagef:id:sonshi1507:20070403110657j:image

ちなみに左は2005/03/31撮影。

変わっているというよりはっつけただけですねw

そしてこの浜松で、デビューして間もない、

またこれから東海道本線を乗り鉄する際にはお世話になるであろう、

オールロングシート車の313系2000番台と初対面します。


 東海道本線の鈍行のダイヤは、3月のダイヤ改正で日中は「浜松―興津」「島田―熱海」と、

変な形で分断されてしまったため、興津行きのこの列車を島田で降ります。

そして島田からはまた同じ形式の車両で沼津へ。


 沼津からは初乗車となる御殿場線へ。次も313系ですが、ボックスシートの、

すでにJR東海のローカル電化区間ではお馴染みのタイプの車両です。


 御殿場線の見どころといえばやはり富士山でしょう…が、

この日は曇りのため麓までしか見えずorz

ですが、このシーズンなら御殿場線のもう一つの見どころを堪能することができます。

それが、山北の桜並木です。

f:id:sonshi1507:20070403145939j:imagef:id:sonshi1507:20070403150305j:image

山北駅から沼津方面500mにわたって咲き誇る桜のトンネルは、

この季節御殿場線沿線では一番の見どころでしょう。

左は車内から撮ったため微妙に映り込んでいますがw


 御殿場線列車の終点・国府津で再び東海道本線へ。

ちなみに、御殿場線は丹那トンネル開通までは東海道本線でした。

国府津から快速アクティー、横浜で京浜東北線に乗り換え、鶴見で下車。


 鶴見からは、都会のローカル線として人気の高い?鶴見線に初乗車します。

まず乗車したのは海芝浦行き。わずか10分ちょっとで到着。

f:id:sonshi1507:20070403165133j:image

ホームからの風景。海…というより運河が目の前まで迫ってきています。

ですからここが海に一番近い駅という意見もありますが、やはりここは運河…。

そして海芝浦のもう一つの名物?がこれ。

f:id:sonshi1507:20070403165206j:image

まるで韓国・北朝鮮国境の板門店のようです。そこまで大げさではないですが…。

そしてここまで来てしまった(暇な)人用の公園が駅の中にあるのですが、

折り返しすぐなので暇をつぶす間もなく再び鶴見行きの電車へ。


 海芝浦支線の分岐駅・浅野で下車。

浅野からは大川行きに乗車。


 大川からはまた折り返しで大川支線の分岐駅・安善で下車。

安善からは扇町行きに乗車。


 扇町からはまたまた折り返しで南武線浜川崎支線の分岐駅・浜川崎で下車。

浜川崎からは尻手行きに乗車。


 てな感じでルーティンワークを行いつつ鶴見線を完乗するのでした。


 尻手からは南武線で東急東横線との乗換駅・武蔵小杉へ。

武蔵小杉からは…ってこの言い回し飽きたw

まぁそれ以外の表現は私の語彙力では考えづらいので、

とりあえず武蔵小杉からは急行と普通を乗り継ぎ、祐天寺へ。


 なぜここで下車したかというと、高校の部活…鉄道研究部の後輩おすすめの

カレー屋さんがあるからです。その名は「鉄道ムードの店 ナイアガラ」。

f:id:sonshi1507:20070403192314j:image

電話番号はぐぐれば出ますがここでは不掲載とします。

カレーの辛さは鉄道ムードの店らしく

「超特急=激辛」「特急=辛口」「急行=中辛」「普通=甘口」となっています。

私は急行に乗車…いや注文。


 店内は列車のサボが沢山。また日本中の駅長のサインもあったりして圧巻。

そしてカレーを運んできたのはかわいい模型の機関車。

味は普通の上ってところでしたが、雰囲気が味にプラスされていいディナータイムになりました。

ちなみに店内にはカップルもいました。彼氏が鉄ヲタなのか、

ただカレーを食べたくて来たのかは不明w でもウラヤマシス(´・ω・`)

最後に店の方に「ナイアガラ」の記念入場券を頂きました。


 ナイアガラを出ると正面のセブンイレブンへ。ここで買った「エネループ」には、

今もお世話になっていますw


 祐天寺を後にし、東横線渋谷へ、渋谷から山手線で新宿へ。

この時点で新宿着は8時過ぎ。それまで駅近くのネットカフェで暇つぶし。


 そして新宿駅に戻ると、既に新潟行きムーンライトえちごが止まっていました。


 そして定時通り「えちご」発車。


 明日はついに大糸線リベンジ乗車です。


 3日終わり。

2007-04-01九州旅行10・11日目

行程

発駅発時刻列車種別行先列番車番着駅着時刻距離(km)備考
西鉄柳川6:55急行西鉄福岡(天神)G0642000形西鉄久留米7:1219.8 
西鉄久留米7:15普通甘木7564 甘木7:5820.0 
甘木8:15普通基山80301基山8:4313.7 
基山8:59快速羽犬塚1385M813系鳥栖9:045.4 
鳥栖9:33普通肥前鹿島2839Mクモハ817-31久保田10:0331.4 
久保田10:16普通西唐津5829Dキハ125-1山本11:0532.9 
山本11:15普通伊万里2529Dキハ125-9伊万里11:5425.7 
伊万里13:08普通西唐津2530D同上西唐津14:1035.3 
西唐津14:20普通筑前前原342Cクモハ102-1513筑前前原15:2332.1 
筑前前原15:24普通福岡空港474C1126博多16:0322.5 
博多16:26快速黒崎4650Hクハ816-1003長者原16:357.5 
長者原16:38普通宇美759Dキハ47-1047宇美16:546.2 
宇美17:07普通西戸崎766Dキハ47-78西戸崎18:0525.4 
西戸崎19:08福岡市営渡船博多ふ頭  博多ふ頭19:23  
博多ふ頭19:39西鉄バス   博多駅19:52  
博多20:39快速ML九州新大阪9232オハ14-257大阪6:34618.5 

総乗車距離

本日分累計
896.43442.1

新規乗車区間

  • JR路線
    • JR九州(完乗
      • 唐津線(〃) 久保田~西唐津(42.5km)
      • 筑肥線・非電化(〃) 山本~伊万里(25.7km)
      • 筑肥線・電化(〃) 姪浜~唐津(42.6km)
      • 香椎線(〃) 西戸崎~宇美(25.4km)
  • その他の私鉄・公営交通
    • 福岡市交通局(完乗)
      • 空港線(〃) 赤坂~姪浜(6.5km)
    • 甘木鉄道(完乗)
      • 甘木線(〃) 基山~甘木(13.7km)
    • 西日本鉄道

旅行記

 本日は1つ目の列車が6:55と早いため、6:30頃起床でさっさとチェックアウト。

30日の朝も6時すぎでしたが、連泊なので着替えだけで荷物はそのままな罠。

そのままといっても、ちらかして出るわけじゃないよw


 そんなことはどうでもよくて、我々は6:55柳川始発の急行に乗車。

車番は控えていませんでしたが、元西鉄特急の主力だった2000形でした。


 ここで私にとって衝撃的な出来事が。


 S君、急遽帰宅決定。


 いや、前夜にもう知らされていたんですが…。まぁ、お家の事情ということで。


 私を置いていくなんてひどいわ~(キモス)


 とりあえず、甘木線直通の列車が発車する西鉄久留米で私は下車し、

S君はそのまま天神へ…。

さようなら!ありがとう!S君!

君のことは忘れないぜ!


 これからも会えるのに忘れる方がアフォ。

一応言っておくと次に会うのは夏です。


 涙の別れ(それはない)の後は、甘木線の普通電車で甘木へ。

この辺、写真は駅名標ばかりで車窓とかの写真は撮ってません。


 甘木につくと、甘木鉄道の甘木駅まで歩きます。

前日の谷山と違って、両駅間の道程はわりと近いです。

甘木鉄道甘木駅前には、見事な桜の木がありました。

f:id:sonshi1507:20070401080333j:image


 ところで、この甘木駅でこんな看板を発見。

f:id:sonshi1507:20070401081006j:image

甘木駅はその名の通り甘木市の駅だったのですが、周辺の町と合併して朝倉市になりました。


 ですから、こんなネタを考えてしまったわけです。

注・以下には痛いシーンやヲタク的な表現が含まれています。







f:id:sonshi1507:20071201200009j:image

※キャラクターのプライバシー保護やその他大人の事情のため、顔を隠しています。






一部の人しかわからんし、このネタ…。

そんなことより、こんなこと考える俺って、

f:id:sonshi1507:20070401083325j:image







 まぁ、こんな感じで痛い想像をしつつ、甘木線の列車は甘木から30分弱で基山到着。

↓は基山で撮った甘木鉄道の車両です。

f:id:sonshi1507:20070401085000j:image

ここから快速に乗り換え、数分の乗車で鳥栖へ。

鳥栖では時間があるので、立ち食いうどん屋で、遅めの朝食を摂ります。


 鳥栖からは今回2度目となる長崎本線の普通列車に乗車…ですが、

唐津線に乗り換えるため、久保田で下車します。

f:id:sonshi1507:20070401100619j:image

唐津線直通の列車の始発駅である、佐賀で降りても良かったのですが、

久保田の方が雰囲気的によかったので(?)、ここで乗り換えました。

このあたりから、雨がポツポツ…


 そして佐賀からの唐津線・唐津行きが到着。やはり座席はほぼ埋まっていましたが、

次の小城で席を確保することができました。


 筑肥線非電化区間の山本で、同線の列車に乗り換えるため下車。

f:id:sonshi1507:20070401110646j:image

いい駅舎ですね~

 このあたりまでくるとポツポツだった雨も強くなってきました…。


 次の筑肥線伊万里行き列車は、唐津始発ですが、先の列車で唐津まで行ってしまうと、

乗り換えできない列車です。

まもなく、伊万里行きが到着し乗車。


 まず、肥前久保駅でまた見事な桜の木を発見。

f:id:sonshi1507:20070401134545j:image

ちなみにこれは帰りの車内から撮影しました。


 次の西相知とその次の佐里で、またJR九州の駅名標に対する適当ぶりを発見…。

f:id:sonshi1507:20070401112435j:imagef:id:sonshi1507:20070401112809j:image

佐里の駅名標の写真が、隣駅表示部分が小さい上、流し撮りで見にくいので拡大。

f:id:sonshi1507:20071201204250j:image

どっちかはっきりせぇや(一応、正しいのは「にしおうち」)。

だがJR九州変テコ駅名標シリーズはまだ終わりではない!


 終点の伊万里では、折り返しの西唐津行きが発車するまで1時間待機。

f:id:sonshi1507:20070401115848j:image

松浦鉄道の伊万里駅とは、同鉄道が旧国鉄松浦線を引き継いでいるため、

かつては線路がつながっていましたが、その後両駅舎は改築されて、

線路は道路によって分断されましたが、両駅車間はペストリアンデッキで繋がっています。


 折り返し西唐津行き乗車中、桃川で先日の飯塚と同じ木造国鉄型駅名標を発見し、撮影。

f:id:sonshi1507:20070401132214j:image


 そして、山本から再び唐津線に入ります。しばらく松浦川に沿って走ります。

f:id:sonshi1507:20070401135729j:image

曇りと窓の汚れの相乗効果で汚いですorz

山陰本線の豊岡~城崎間(円山川に沿って走る区間)を思い出しました。


 そして西唐津到着。1面1線の駅なので、すぐに伊万里からの気動車は引き上げ、

しばらくして筑前前原行きの電車が入線します。

駅を出ると、前の通りにこれまた見事な桜の並木が。

f:id:sonshi1507:20070401141224j:image

今回、桜の画像4つ目。本日分だけでも3回目。

まぁ、季節が季節ですし…。


 このあとの筑肥線電車からも、浜崎付近で見事な桜を拝むことができましたが、

写真に収め損ねました…。

代わりに筑前深江付近での海の写真を…

f:id:sonshi1507:20070401145828j:image


 筑前前原で乗り換えたのは、福岡市地下鉄の車両でした。姪浜まではJRの路線なので、

青春18きっぷで乗車できますが、それ以降を乗車する場合は精算が必要です。

最初どこで精算すればいいのか分りませんでしたが、下車駅の博多で駅員さんに聞いて…

否、別に聞いている人がいたのでそれを盗み聞きして(ゴルァ)、乗り越し精算機で、

姪浜からの運賃を精算し、その精算切符で改札を出ることができました。

精算機にJRで乗り越し用の精算ボタンがあるということは、18きっぷの提示の必要は

なさそうです。


 博多から再びJRの改札内に入り、篠栗線の快速で長者原へ。

長者原からは、香椎線の普通列車でまずは宇美へ。途中駅の新原で、

またまた変テコ駅名標を発見…。

f:id:sonshi1507:20070401165059j:image

まず駅名標の書体が手書きっぽくて少し不気味なのですが…

           

隣駅表示のローマ字表記、

      _ _

SUECHUOU


「すえちゅうおーう」って…


 以上、JR九州変テコ駅名標3部作でした。

今回私が気づいたのは30日の大山と本日の佐里とこの新原だけですが…

JR九州にはまだまだありそうです。何しろ国鉄式駅名標をまだ使っている駅が

多い会社ですから…

JR九州に限らず、皆さんも変テコ駅名標を探してみてはいかがでしょう?w


 そして、終点の宇美着。宇美八幡宮を模した立派な駅舎です。

f:id:sonshi1507:20070401165650j:image

乗ってきた列車は折り返し、西戸崎行きになります。

ちなみに上の表で宇美行きと西戸崎行きで車番が変わっているのは、

2両編成で宇美到着後に車両を乗り換えたからです。

この列車を終点まで乗れば、JR九州・完乗達成です。


 そして、2007年4月1日18:05、西戸崎到着と共に…

f:id:sonshi1507:20070401180711j:imagef:id:sonshi1507:20070401181252j:image

JR九州完乗達成!

奇しくもこの日は、JRグループが発足して20周年の善き日。


 列車を降り、駅員さんに下車印を貰う際に、JR九州完乗を申告。

確固たる証拠もなしに完全な自己申告にもかかわらず、祝っていただきました。

やっぱり完乗駅が有人駅だといいですね~。

西戸崎駅の駅員の方、厳密にいえば九州交通企画の業務委託駅員の方、

本当にありがとうございました。


 f:id:sonshi1507:20070401181422j:image

 その際撮って頂いた写真。私は旅の間、ほとんどフラッシュ撮影をしないため

フラッシュのOFFにしたまま撮ってもらって、手ぶれしてしまっていますが、

そのぼやけがうまいことボカシになったので、あえて何もいいませんでしたw

おまけにここではこのサイズなのでさらに見にくいとw


 何はともあれ、これで今回の旅の目標を達成することができました。

あとは西戸崎から、あえて折り返しの列車には乗らず、福岡市営渡船で対岸の博多埠頭へ。

博多から西戸崎へは陸路だと道程は長く感じるのですが、博多湾をはさんで

向かい合っているので海路だとすぐだったりします。

ただ、このときは接続が悪かったため西戸崎で1時間待つはめになりました…

実際は西戸崎着後、すぐに渡船乗り場へ行けば博多埠頭行きに乗れるのですが、

それだと完乗の喜びが味わえないのでw


 あたりはすっかり暗くなり、西戸崎港で待っていると、来たのは「きんいん号」。

この船の始発である志賀島は、漢倭奴国王の金印が出土されたことで有名ですからね。

ちなみに莫迦な私は未だに、これをうっかり「かんのなのわのこくおう」と誤読してしまいます。

もちろん正しくは「かんのわのなのこくおう」ですからね。

よいこはちゃんとおぼえようね(何様だ)。


 きんいん号は西戸崎港からわずか15分で博多埠頭に到着。ここでバスに乗り換え博多駅へ。

何気に、帰りのムーンライト九州の発車まで1時間もないので、ホーム上のラーメン屋で

夕食を済ませると、待合室で少し休憩してからホームの乗車位置へ。


 ついに、ありふれた表現ですが長いようで短かった11日間の九州旅行がこれで終わります。

この11日間様々な出会いと別れがありました。

そして、その経験は、私の記憶の中に、かけがえのないものとして刻まれていきました。


 さようなら九州!ありがとう九州!また会える…いや来る日までw♪


 次は多分、九州新幹線全線開通後でしょうかw

その際、今回乗りつぶせなかった国鉄orJRから移管された第三セクター路線も

完乗したいと思います。


 しかしまぁ、今後、旅する度に「さようなら○○ありがとう○○」を、

日記の最後に書くことになるんでしょうねw

ただ、これらの旅の経験が、私の人生の重要な1ページになっていることは確信できます。


 20:39、ムーンライト九州は博多駅を発車。10時半頃、関門トンネルをくぐり九州を離れます。

私は博多を出て間もなく寝入ってしまっていたので、関門トンネルも機関車つけ替えも

見ていませんでした。


 翌朝、大阪到着後、寄り道せずにまっすぐ帰宅しました。


sonshi1507の九州旅行記、完。