yukino77の日記

2005-03-04会津越後路雪見紀行 1日目

[] 会津越後路雪見紀行

今日は旅先で一夜を過ごしているのですが、

ホテルネットの出来る環境があったので、

そこで書き込んでいます。

まぁ私は旅行にノートパソコンは持ち歩かないので、

昨日書いたとおり、今日の更新はありえない、

と思っていたんですけどね。

今回の旅行は、「雪が見たい!」ということで、

北の方に出かけることにしました。

もちろん3月に入っているので、青春18切符を使用しています。

ほぼ日付が変わる直前に名古屋駅を出る「ムーンライトながら

に乗って旅立ちました。明日(4日)はまだ金曜日ですが、

「ながら」はほぼ満席って感じですね。

私の指定席には、女の子が早くも寝ていたため、

どいて貰って席に座りました。

この女の子は通路側、私が窓側なのですが、

ここまで空いていたため、窓側を占拠していたってことなのかな。

まぁ隣が女の子だとちょこっと緊張しますね。

デブヲタよりはよっぽどありがたいですけど(^^;)

昨日も寝たのは2時近くと遅かったため、

なれない夜行列車ではありますが、割と早く寝られたと思います。

それでも、安城を過ぎて検札が終わったあとで寝ようとしたのに、

実際に意識が無くなったのは、それから30分ほど過ぎた

豊橋を過ぎたあたりですけどね。

今朝は「次は品川」というアナウンスで目が覚めました。

結構ぐっすり寝ていましたね、ってまだ朝の5時前ですけど。

しかし、新橋駅のホームには人が一杯立っていてびっくりしました。

「こんな朝早くにもうあれだけの人が起きて活動しているんだ、

って感じですね」東京駅から上野駅までは山手線、

そして上野駅からは宇都宮行きに乗り継ぎました。

そういえば、昨夜から東京も雪になると天気予報

言っていましたけど、まだ降っていないみたいですね。

しかし、大宮を過ぎたあたりから、徐々に明るくなりだし、

また外は雪景色になりました。

あまり早く雪を見てしまうと、雪国に入ったときの感動が

無くなってしまうんですけど(^^;)

  • 乗り継ぎ乗り継いで →6:51 宇都宮 6:58→ 7:48黒磯7:55→

この宇都宮行きは、宇都宮駅に7時過ぎに着くため、

結構通勤通学客が多くなりますね。

女子高生が黒タイツをはいているのですが、

これにちょっと萌えてしまったり‥いあ、私はフェチの気は

無いと思っていたのですが(^^;)

宇都宮黒磯行きに乗り換え。ここからは寒さ対策で、

電車のドアはボタンを押さないと開かないようになっていますね。

立ち客も多く、あまり景色は楽しめないまま、先に向かいます。

しかし、栃木県のこのあたりでこれだけ雪が積もるということは

あまり無いのではないでしょうか、

雪国と変わらないって感じですね。

黒磯では福島行きに乗り換えます。

東北地方でおなじみの701系ロングシートですな。

今日はここまでずっとロングシートです。

2駅目の黒田原で高校生が大量下車し、

ここからはのんびりと景色が楽しめるようになりました。

車窓から見る雪も多くなってきていますね。

郡山からは会津若松行きに乗り換えです。

今日は朝からここまで基本的に接続が良すぎて、

トイレに行く暇もありませんなぁ‥(^^;)

磐越西線の雪景色を見ながら、今日は予定通りに来ているなぁ、

と思っていたら、車内放送でなんと今日乗る予定の、

只見線の只見-小出間が土砂崩れの危険性があるため、

運休とのことです!う‥む、今日は只見線の雪景色を楽しみに

してきたのに、これは思いっ切りガッカリですねぇ。

代行バスは、新潟県側の小出-大白川間のみで、

県境をまたぐ流動性の少ない大白川-只見間は、

バスの運行も無いとのことです‥これでは只見線

今日はあきらめざるをえませんねぇ‥重ね重ね「残念!!」です。

3月号の時刻表は見ていましたけど、

JR東日本HPをチェックして来なかったのは失敗だったなぁ。

仕方ないので、駅の時刻表を見てスケジュール

立て直すことにしました。

会津若松は来るのは2回目になりますが、

前回来たのはもう10年以上も前になりますね。

そのためあまり記憶には残っていません(^^;)

前回は鶴ヶ城に行きましたが、

再建の城であまり面白みも無かったと記憶しているので、

今回は白虎隊最期の地・飯盛山に行くことにしました。

駅からはバスが出ていますけど、

ちょうど行ったばかりという事もあって、

歩いていくことにしました。

でもこの判断は失敗だったなぁ‥(^^;)

雪は降っているし、おまけに歩道は全然雪かきが出来ていなくて、

めちゃ歩きにくかったです。私は雪道に慣れていないし(^^;)

そういえば、もう都会では子供くらいしか履いていない

「長靴」をはいている人を結構見かけましたね。

そんな感じで15分位歩いて、飯盛山に着きました。

山とはいってもそれほど高いわけではないのですが、

もうすっかり雪山って感じでしたね。

  • 飯盛山の「さざえ堂」

ここ飯盛山は、白虎隊の自決の地として有名ですが、

もう一つ「さざえ堂」という有名な建物があります。

この「さざえ堂」、

「堂内には階段が無いのに、堂の頂上まで上り下り出来る」

というのが売り物のようですが、

実際は小さな螺旋階段が連続しているって感じで、

階段が無い」という触れ文句は、

ちょっとマユツバモノのような感じがしました。

まだ、堂内への入場は有料400円なんですよね、

入口でチケット売りのおばさんの説明がありましたけど、

ちょっと割高な感じは拭えないかも。ただ、堂内を一周すれば、

西国十三観音をお参りするのと同様のご利益があるそうです。

まぁもともとは三十三箇所を巡礼出来ない

人達のために建てられたとか。

この近くにある白虎隊士のお墓は雪の中。

近くまで行こうと思いましたけど、

一歩足を踏み出したら「ズボッ」と

雪の中に埋まってしまったため、断念しました‥(^^;)

普通の靴で雪中行軍は無理ですな。

このあとは近くにある「白虎隊記念館」へ、

ここは、白虎隊に関する資料が、

ただ単に整理整頓もされずに展示されている、という感じです。

こういう記念館も久しぶりだなぁ、

これなら「数万点の展示品」というのも納得という感じですね。

展示品の解説もほとんど無いし。また、「白虎隊記念館」なら

白虎隊関係の展示品に的を絞ればよさそうなのに、

野口英世や土井晩翠関係の展示もあったりして、

どうにも展示テーマが散漫になってしまっているところは

否めませんね。解説が無いと、

展示品にもあまり興味がわかないような気が(苦笑)

見た後は、会津若松駅に戻りました。

予定ならこの後は久しぶりの只見線に乗る筈だったのですが、

前述の通り、今日は只見~小出間が運休となっており、

「只見行き」になっていました。それでは仕方が無いので、

磐越西線経由で今日の宿泊地・長岡まで行くことにします。

途中喜多方で下車し、ラーメンと蔵の町を一通り歩いて来ました。

歩道に雪が積もっている会津若松と違って、

ここ喜多方スプリンクラーが作動しており、

雪はかなり溶けていました。

しかし、車道は車が通るため溶けているものの、

歩道はシャーベット状になっていて、

歩き難いことこの上なかったです。

おまけに、車が通るたびに、雪が溶けて出来た水溜りの水を

跳ね飛ばしてくれるので、

気をつけていないと水がかかりかねない状態でしたね。

そんな中で、甲斐家の蔵屋敷などを見てきました。

凄い巨大な「つらら」があって、ちょっと感動したりして(笑)

街歩きしていたので、

ラーメンを食べる時間はなくなってしまいましたが‥

そして引き続き磐越西線に乗って、

新潟県に入り、新津に出ました。磐越西線はこの付近では、

阿賀野川にひたすら沿うって感じですね。

まぁこちらも雪が多い地方であることには変わりが無く、

雪国風情をたっぷり味わってきました。

しかし、暖房の効いた列車に乗って、程好い揺れがあると、

次第に眠くなってきたりしますね。せっかく列車に乗りに来たのに、

勿体無いことではありますが‥(^^;)

でも隣のボックスでは、おっさん連中が昼間から酒を飲んで

騒がしかったりしますし‥(--;)

新津では少し時間があったので、

改札内の待合室にて暖を取っていました。

テレビではドラマオレンジデイズ」の再放送を

流していたりしましたね。

新津からは「快速 くびき野4号」で長岡に向かいます。

この「くびきの4号」は、特急車両を使っているので

快適ですね~快速だから速くもありますし。

まぁ、座席がリクライニングしないのは仕方ないのかな、と。

新潟始発のため、座れるか否か気になりましたけど、

幸い新津でも結構沢山降りたので、無事座席は確保できました。

だいぶ日も長くなってきましたけど、

そろそろ日暮れって感じですね。

長岡が近くなってくると、車窓に目を凝らしてみましたけど、

新潟県中越地震の影響はあまり窺えなかったですね‥

普段とあまり変わらないって感じです。

駅前で夕食を取り、ホテルにチェックインしました。

しかしこのホテル、安かっただけあって

内装はボロボロですねぇ(^^;)

あまり長居したい気分ではないなぁ、という感じです。

まぁ私はどうしても旅行の予算を切り詰めてしまうので、

そういった宿にあたってしまうことが多いのですが。

(参考:当初予定ルート 13:08会津若松 → 17:42小出17:52 → 19:13長岡

ゲスト



トラックバック - http://train.g.hatena.ne.jp/yukino77/20050304